3月 2015 archive

エステで行うフェイシャルトリートメント

エステサロンで最も人気があるのがフェイシャルエステ。
ボディトリートメントよりも気軽に短時間で効果が実感できるのも魅力です。

エステサロンで行うフェイシャルエステの基本的な流れとしては、まずクレンジングで顔表面の汚れを落としたあと、さらにディープクレンジングで毛穴に詰まったメイク汚れや古い角質をとりのぞきます。
その後マッサージで顔の筋肉をほぐしたり、リンパの流れをよくしたりして顔のたるみをとり、最後にパックとアフターケアというのが、おおまかな流れです。

これにプラスして、ニキビケアや小顔、美肌など目的に合わせた様々なメニューがあります。
ポピュラーなものですと、電気を流して美容成分を皮膚に浸透させるイオン導入は、ビタミンCやコラーゲンなど肌に浸透しにくい物質をイオン化して、肌の奥まで導入させることができ、美肌効果に即効性があるとして、人気の定番メニューです。
また、メラニンに特殊な光を照射して、シミやニキビ跡を改善するフォトフェイシャルは、肌への刺激が少なく、細胞に働きかけてコラーゲンの生成を促すなど、様々な悩みをカバーしてくれます。

サロンのカウンセリングでなりたい自分について相談して、目的に合ったメニューを選びましょう。

フェイシャルエステの効果を持続させよう

せっかくエステサロンでフェイシャルエステを受けてピカピカになれたのに、その場限りというのでは残念です。
エステで得られた効果を持続させるためには、定期的にトリートメントを受けることをおすすめします。
といっても、どのくらいの頻度で通えばよいのでしょうか。
美容院のように髪が伸びたら、というような目安がないので迷っている人も多いかと思います。
エステ効果
長くエステに通っている人に聞くと、大体1か月から2か月に1度という答えが多くみられましたが、その他にもストレスが溜まってリラックスしたいと思ったとき、肌の悩みがあるときは数週間に1度、悩みが解消された後は数か月に1度という人もいました。

エステに通う頻度は高ければいいというのではなく、定期的に通うことが大切だと言えるでしょう。
フェイシャルエステの効果を持続させようと日頃から思っていれば、毎日のお手入れにも気を付けるようになり、美容に対する意識も高まってくるものです。
また、エステティシャンからプロのテクニックや最新の美容情報を仕入れることのできる環境も、エステに通うメリットだと言えるでしょう。

長く通うことのできる、技術とサービスに信頼のおける行きつけのサロンが見つかるといいですね。

エヴァーグレースで顔脱毛をしてみました

気になっていた顔の産毛。
良く見ると、ひげのように見えたり、部分的に目立つ毛があったり。
ふとした時に気が付いて、ドキッとしたり、焦ってヒヤッとすることも。
やはり、女子としては顔もしっかり抜かりなくケアをしておきたいところです。
なんて言ったって、人が相手をみる時にまず見るのは、”顔”ですからね。
素敵な人と素敵な恋をする為にも、大事なお顔はピカピカに磨いておかなくちゃいけません。

私も、突然のデートの時にはヒヤッとしていた一人なのですが、いよいよ顔脱毛をするにあたって、どこのサロンにするか迷いました。
ボディーと異なり、顔脱毛を前に出しているサロンは少ないですし、今までボディーメインでやってきたサロンは、いまいち効果が心配でした。
顔の産毛

そこでお試し3回コースを見つけて行ってみたのが「エヴァーグレース」。
コースで通うとなると少し値が張りますが、顔脱毛の実績はありそうですし、”コラーゲン脱毛”という響き、そして何より3回で3980円というコストパフォーマンスに惹かれました。
初回は他のサロン同様にカウンセリングのみ。2回目からの施術になりました。
ボディーと同じように、冷たいジェルを塗って光照射。あっという間に終わります。
サロン内は綺麗で、フェイシャルベットでの施術のため、エステ気分で受けられます。
エステに来たような、リラックス感を感じられました。

しかし、世の中そう甘くはありません。
ここからが大変です。
勧誘の嵐、嵐、嵐。。。

結局綺麗にしたかった私は、10回のコースを契約したのだけれど、そのうち「予定があり終わり次第出たい」と告げた1回以外、毎回勧誘でした。
終わった後、次回の予約待ちでフロントの椅子で新たに待たされ、やっと来たと思ったら毎回勧誘です。
ただ、エステティシャンの方はしっかりとした知識があり、肌について詳しく正確に教えてくれました。
脱毛と合わせて毛穴洗浄やパックもして、肌質が変わり、今は調子が良いです。
必要なものだけを受け、必要ない勧誘はきっぱり断れる方は行ってみてもよいかもしれません。
逆に勧められると断れない方、勧誘が嫌いな方は良く考えたほうが良いかもしれませんね。

綺麗になるためにはやはりそれなりの苦労や努力も必要ですね!