4月 2015 archive

顔の産毛

私は顔の産毛が小さい頃からとても気になっています。子どもの頃は母が月一回くらい、顔に乳液をつけてカミソリで剃ってくれていました。

顔の産毛処理
それと、子どもの 頃は髪を切るのに理髪店に言っていたので、そこで髪を切るときに顔の産毛剃りもやってくれていました。
大きくなって思春期の頃からは理髪店にも行かなくな り、美容院で髪を切るようになったので顔の産毛剃りはしてもらえなくなりました。母に剃ってもらうこともなくなったので、自分で安全カミソリで剃っていました。

剃るときは大体お風呂に入ったときに石鹸の泡を顔につけて滑りを良くした状態で剃っていました。
ただ、石鹸の泡をつけて剃ると肌を傷めることがある という話を聞いたりもしたので電気シェーバーで剃ることもありました。
社員旅行で韓国に行ったときに、エステのコースの中に産毛剃りがあり、やってもらい ました。細い糸のようなものを顔の表面に滑らせていくような感覚でしたが、とてもキレイに剃れてつるつるになりました。

基本を大事にしています。

私は、そんなに経済的に余裕がないこともあってサロン等には通わずに、全て自分でやっています。
少し手間ですが、慣れてしまえばそんなに気にならなくなり ました。自分でする時に気にしていることは基本を大事にすることです。

産毛の処理をする時は必ず事前にしっかりと洗顔してからやっていますし、忙しい時を 除いては、ほぼ同じ時間帯に処理をするようにしています。
美顔器などは持っていないのですが、その日の肌の汚れやメイクをしっかりと落として保湿すること を毎日しているだけですが、肌の状態は年齢のわりには良い状態を保てています。

産毛の処理も洗顔後にレディースシェーバーで時間をかけて処理していますが、これだけでもしっかりと処理できています。
エステなどに通ったりしない分、洗顔料にはこだわっています。
自分の肌に合う物をしっかりと見極めて探しま した。年齢的なことや今の肌の状態から考えると、今、使っている洗顔が一番合っているように思います。
少し価格が高いですが自分の肌に合っているので、肌 質が変わるまでは使い続けたいと思っています。

顔の美容のために食べ物に気を使っています。

30代になり、顔にシミや小じわ等が目立つようになってしまいました。
外側からのケアも大事ですが、内側からのケアも大事だと思い、美容にいい食べ物を積 極的に摂取しようと思い、色々調べて実践した結果以前よりも顔のトーンが明るくなり、シミやシワが少しずつ解消されています。

まず積極的 に取るようにしているのはバナナです。バナナは整腸作用があり、整腸作用を高めることでお通じもよくなり、肌の状態が良くなります。
私はヨーグルトとはち みつ、グラノーラ、冷凍のブルーベリーと一緒に食べています。
甘酸っぱいのでいくらでも食べることができますし、一食これで済ませることができるので忙し い時に助かっています。
しかも全て美容にいいので毎日続けて食べることで美肌が期待できます。

もう一つ積極的に食べるようにしているのは アボカドとトマトのサラダです。
アボカドは脂肪分が高いからと控える人も多いそうですが、アボカドの脂肪分は体に良いので心配はありません。両方共美肌に 非常にいい成分が入っていますし食べた時の味の相性もいいのでセットで食べるようにしています。

 

顔の部位に合わせて処理方法を変えています

以前、鼻下の産毛を永久脱毛したのですが、鼻下の産毛はあまり黒くないので、レーザー脱毛では効果がほとんど得られませんでした。

週に一度のペースで口の 周りの産毛はシェービングクリームを処理する部位に塗ってカミソリで剃っていますが、中には濃くて太い産毛もあり、そのような産毛は毛抜きで一本ずつ抜い ています。

月に一度のペースで眉の周り、眉間、頬、顎の産毛はシェーバーで処理しています。処理後は化粧水、乳液、クリームでケアをしています。
どの部位 も毛の流れに沿って処理するようにしています。仕事などで睡眠時間が少ない日が続くと顎に太くて目立つ産毛が一本生えてくることがありますが、毛抜きで抜 いて処理しています。

産毛が目立つ時と目立たない時があり、私はストレスや睡眠時間で産毛の濃さが違ってくるようで睡眠時間や栄養の偏りとストレスには気 をつけています。

鼻下の産毛は伸びるのが早いので、処理後は抑毛ローションを使用してみたりしています。