7月 2015 archive

毎日している顔のお手入れ

私は乾燥肌で敏感肌、物ごころついた頃から肌の悩みが尽きませんでした。
お風呂上りや、朝お化粧をする前、忙しい毎日の中でも毎日出来る簡単なお手入れはないかな、とずっと思っていました。
季節によって、乾燥がひどくなって、ファンデーションを塗るともっと見た目が酷くなったり、肌に相性の良い化粧品が見つからなかったり。
でも、やっぱりキレイな肌への憧れは捨てきれず、色々な試行錯誤を自分りに繰り返していますので、何点かここで紹介していきます。

お休み前のケアにしっかり取り組んだことが、色々な物をつけるより一番効果的でした。
お風呂上りは、いきなり化粧水を顔に叩かず、低刺激な化粧水スプレーで保湿をしています。これだけで、かなり乾燥が軽減されました。
次に化粧水をゆっくり、染み込ませていく様につけていきます。叩く様に付けると刺激で肌が荒れたり、後々の皺の原因になるということも耳にしたことがあります。
最後に乳液をつけお休み前のケアは終了です。
時間に余裕がある時や、特に乾燥が気になる時にはパックをするようにしています。
化粧水の前にワンクッション、保湿することを加えるだけで肌質が良くなっていくのが日々実感出来ました。

次に、朝お化粧の前ですが洗顔料を使わず、ぬるま湯で洗顔をしています。
油分がなくなり、化粧が乗らないことを防止する為です。
化粧下地も、保湿効果に拘って選び、パウダリーのファンデーションを使っています。
リキッドのファンデーションも何度か試しましたが、時間が経つとどうしても毛穴が目立ってしまい、最近はご無沙汰です。

一番重要なのは、お化粧をする前のベースのその又ベースの、もともとの自分の肌のケアだと思います。
肌質も十人十色、高価なケアに偏るより、自分のことをよく研究して自分にあった美容法を見つけることが、きっとキレイな肌への一番の近道なんですね。

漢方エステでかっさマッサージ

漢方を使ったチャイナ式のフェイシャルエステを体験してきました。肌によいとされる漢方を配合した特殊のクリームをつかっての施術でした。

最初は漢方のに おいなどがきになるのではないかと心配していたのですが、とくにクセのある匂いはなく、アロマのようなリラックス効果はありませんでしたが、気にするなく 施術をうけることができました。また、この漢方エステでは、かっさのプレートをつかったマッサージがあります。かっさをつかってリンパの流れをよくし、血行をうながすのです。

美顔

自分でかっさをやったとき、やりすぎてしまって内出血をしてしまったのですが、こちらのエステのかっさマッサージはソフトなタッチで ゆっくりとあててもらったのでとても心地よく、眠くなってしまうほどでした。
施術後すぐに、あごまわりがひとまわり小さくなり、シュッとしたような感じがしました。また、血行がよくなったせいか、肌荒れもしにくくなり、肌の色がワントーン明るくなったように感じました。
ヘッドスパもついていたので頭のツボ などもおしてもらい、とても心地よかったです。まだあまり知名度が高くない漢方エステですが、特に漢方に対してアレルギーがないひとには是非おすすめした いとおもいます。