Archive of ‘未分類’ category

想像以上?!まつげの負担!どうやってケアするの?

みなさんは目元のお手入れというとどこを思い浮かべますか?

私はまず第一にまつげを思い浮かべました。女性はメイクの一環でマスカラやマツエク、つけまつげ、ビューラーなどをしている方が多いと思います。

しかしマツエクやつけまつげはまつげの根元に接着剤とエクステ、つけまつげをつけているためまつげ一本一本にかかる負担はかなり大きくなります。まつげに繊維や色を足していくマスカラも化学剤をまつげに塗っているようなものなので自まつげにかなり負担がかかっています。

また、まつげメイクをするために必ずと言っていいほど必要なビューラーも根元からしっかりカールさせるために力いっぱい使うとマツエクやマスカラ、つけまつげ以上にまつげ一本一本に大きな負担がかかってしまうのです。
とは言っても自まつげだけでは自信がないし、まつげだけメイクをしないと目力がなくなってしまいいまいち垢抜けないのが現状です。

もちろんまつげへの負担を軽減させることが一番なのですがそれはやはり難しいので、普段のメイクで負担をかけてしまったまつげにきちんとケアをしてあげることが大切です。

ではみなさん、まつげのお手入れ方法と聞くとなにを思い浮かべますか?まつげ美容液を思い浮かべた方が多いと思います。私もまずはじめにまつげ美容液を使用したのですが、かなり効き目があるので本当にオススメします。

口コミなどで人気のあるものはスカルプDまつげ美容液・リバイタラッシュ・フローフシまつげ美容液など様々ですが、この中でも私が一押ししたいものはフローフシまつげ美容液になります。

こちらはまつげではなくまぶたに塗るタイプのもので、まつげだけでなくまつげの育つ土台となるまぶたの栄養を整えてケアをし、効果もすぐに現れます。また、眉毛にもアイクリームとしても使えるため薄眉で悩んでいる方にも是非試してもらいたい一品です。

他にもクレンジング等で目元のメイクを落とす際にも大きな負担がかかっているため気をつけなければなりません。アイメイク専用のリムーバーを使用し目元への負担を最小限に抑えることが最善だと考えます。
他にもマスカラやマスカラ下地などはお湯で落ちるタイプにして負担を軽減させたり、美容液成分が含まれているものをチョイスするといいでしょう。

また、これは私の体験談なのですがまだ高校生でお金がなかった時に実践していたまつげケアがあります。それは食生活を改めて椿油をまつげに塗布することです。

まつげまで栄養を与えるために野菜やたんぱく質などバランスのいい食事を心がけました。また髪の毛に塗布するとサラサラになったり毛先がまとまると言われている椿油をまつげに塗ることでまつげのケアもできるのではないかと考え、毎晩お肌や髪の毛のスキンケアにプラスしてまつげに綿棒で椿油を塗布しました。そうすることで若干ですがまつげが伸びました。

お金のない学生の方などはこちらをまず試してみることもオススメします。
目元の魅力を大幅にあげるまつげ、その分負担も大きいです。
負担をかけた分丁寧にケアをして強いまつげを育ててあげましょう。

まつエク まつ毛パーマのメリットとデメリット

最近は、まつエク(まつ毛エクステ)をしている人がとても多いですね。
そんな中で一時は流行した「まつ毛パーマ」の影がだんだんと薄れてきているように感じます。
でも、まだまだまつエクに抵抗を感じるという人も多いというのが現実のようです。
では、まつエク、まつ毛パーマにはどんなメリット、そしてデメリットがあるのでしょう。ここでは私が実際に体験したことをまとめてみたいと思います。

1.まつエクとまつ毛パーマの違い

今あるまつ毛に接着剤で毛を足すというエクステに対し、まつ毛パーマは自分のまつ毛をパーマ液でカールさせるというものです。
しかし、まつ毛の生え変わりと同時に取れてしまいます。
まつ毛の生え変わりは、早くて30日、遅くて100日程度だといわれています。
まつエクのもちは、だいたい一ヶ月くらいだといわれましたが、髪の毛のパーマが取れにくい人は、まつ毛パーマの場合も取れにくいといわれたことがあります。実際、私はパーマのもちが良いほうなので、まつ毛パーマも3ヶ月くらいはもちました。

2.どちらを選ぶか

まつエクとまつ毛パーマどちらが良いのかお悩みの人も多くことでしょう。
特に年配の方はまつエクに抵抗を感じる人が多いようです。やはりまつ毛パーマの方が慣れているからでしょう。ですが、年配の方こそエクステがおすすめなのです。
なぜならば年齢と共に、まつ毛の数も減っていきます。だからこそ、エクステでまつ毛を増量させてあげることによって目元印象がグッと変わってくるのです。
そう考えると、若くてまつ毛が長い人はあえて増量しなくてもまつ毛パーマで十分ボリュームアップできるということになりますね。最近は、まつエクの本数が多すぎるバサバサまつ毛の女の子が多くなってきており、せっかくの美貌が台無しになっている人も・・

3.まつエクとまつ毛パーマの注意点

まつエクやまつ毛パーマをするとき、お店ではアレルギー反応が無いかどうか確認されます。パーマ液や接着剤によってアレルギー反応が出ることがあるためです。
アレルギー反応としては、目のかゆみや腫れなどがありますが、このようなアレルギー反応が出たとしてもサロンでは責任を取ってもらうことができません。
そのため、はじめる前に同意書を一筆書かされるサロンが大半です。万が一、アレルギー反応が出たときは自分で病院にいくしかないのです。キレイになるはずが、こんなことになってしまっては元も子もありませんね。

まとめ

このように、自分のまつ毛の状態によってまつエクにするか、まつ毛パーマにするか正しい選択をすることが大切だということが分かりました。
流行に飛びつくのではなく、そして、流行を拒否するのではなく、自分がよりキレイに見えるのはどちらかを考えることが大前提なのですね。

はじめて利用する人にとっては、お店の雰囲気もとても重要になってくるはずです。どちらも、目をあけることができないままで、1時間近く横になっていなければいけないのです。安心して眠ってしまうほどのお店が理想的ですね。

絶対オススメ顔脱毛

顔で一番気になるのは鼻の下でした。
産毛のうちは良かったですが、剃っているうちに濃くなって気になり毛抜きで抜いたりしていましたが、悩みの種でした。
一度バス停でバスを待っていたらコンタクトレンズがずれてしまい手鏡を出してコンタクトレンズのずれをなおしている時鏡に写った顔を見たら愕然としました。
太陽の光の下顔を見たら目の下、おでこ鼻の下にたくさん毛が生えていて顔脱毛にエステに通うことしました。
幸せ顔脱毛
エステに通う前日に自分での毛を剃らないといけないのは面倒ですが、やはりエステでの脱毛は効果があり日常的な顔剃りが楽になりました。
また顔全体が明るく白くなったように感じました。
そうなると化粧するのも楽しくなるし、異性との近距離でも自信が持てるようになりました。
ただ3週間に一度なので、顔脱毛が完了するには6回は最低限通わないといけないのでいつまでに顔脱毛を完了したいと思っているひとは最低6ヶ月は余裕を持って通わないといけないと思います。
今は男性もヒゲ脱毛に通う人も多いので結構異性も顔の毛に対してはしっかりチェックしていると思うので化粧をしっかりする前に素肌に自信が持てるように顔脱毛をすることはとても大切だと思います。

夏の時期に乾燥は注意。

私は毎年の夏の時期には、どうしても、暑くて、露出が多い格好をしてしまいます。そして、家の中では、冷房をたくさんかけたりしていました。

ある日、母か ら「冷房をかけると、乾燥肌になるよ。」との一言言われたきっかけとして、冷房をあまり掛けるのをやめることにしました。それは、冷房を掛けていると、空 気を乾燥させてしまうので、人間の肌の水分を取ってしまうから乾燥になるそうです。私は初耳でした。

確かに、ここ最近に対して、肌が妙に乾燥してしまい、 冬の時期ではないのに、なんで、乾燥してしまってるのだろうと困ってしまいました。でも、原因が分かったところで、乾燥肌対策としてはバッチリだと思いま した。

毎日欠かさず行ってきた保湿クリームをしっかりと手や足など塗っていくようにしていきました。また、冷房をかけない代わりに、扇風機で遠く離して、 つけるようにしていきました。扇風機に対しても、直接当たってるだけでも、乾燥肌になってしまうからです。夏の時期にこんな大変な経験をしてきましたが、 対策を見つけることによって、いつもの潤いの肌に戻ってくれたので良いかなと思いました。是非皆様も、冷房や扇風機の風には気をつけるようにしてくださ い。

化粧の乗りが悪いときは産毛処理

普段はそこまで気にしていないのですが、ふとしたときにお化粧の乗りが悪いと感じることがあります。
そこでじっくりと鏡を見ると、顔全体がくすんだ感じになっています。
ちょっと手をかけてお手入れしようかとなったら、まずは洗顔です。
たっぷりの泡で優しく肌を包んで洗い、しっかりすすぎます。
それから産毛の処理をします。
顔用のシェーバーを使うのが手軽ですが、まずはミルクなどで肌を保護してから、優しく剃ります。
眉毛に近いと毛も太さがあるので、気になるときは抜くようにします。
顔の産毛が無くなるだけでかなり顔色が明るくなりくすみも消えます。
そのあとにピーリングで角質を落とすと更に肌が明るく柔らかくなります。
そのままでは肌が傷つきやすいので、ローショーンをたっぷり使って浸透させ、保湿をします。
そのあとに美容液やミルクなどでしっかりと肌の保護をします。
産毛処理をしたすぐあとにはピールオフタイプのパックは刺激が強くなるので控えるようにして肌を落ち着かせます。
また、細い産毛の処理でも肌への負担にはなるので、生理前などデリケートな時期には控えたほうが良いです。
このように顔の産毛処理をすることで肌の明るさ柔らかさが戻り、化粧の乗りも化粧映えも違ってきます。

1 2 3 4